園田うき公式blog ホーム » スポンサー広告 » ファッション »【メンズ】ドレスシャツの手入れについて

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【メンズ】ドレスシャツの手入れについて  

 メンズのドレスシャツの手入れについて書きます。
 自分が忘れないようにするためでもあります。

--

 主に洗濯する時どうするかということについて書きます。
 自分が洗濯する時どうするかを書きますので、必ずしもこれが最良の方法とは限らないかもしれません。
 今回紹介する方法は、綿100%のシャツにのみ使えます。
 ポリエステル混合やシルク・麻素材には使えないかもしれません。

 まず、洗濯機に入れる前に襟と袖を部分洗いします。

準備するもの
  ・古くなった歯ブラシ
  ・台所用洗剤
  ・洗面器(洗面台でも可)
  ・(汚れが酷い場合)酸素系漂白剤

手順
 1.洗面台にお湯を張ります。
 2.襟をお湯で濡らします。
 3.台所用洗剤を襟に塗布します。
 4.歯ブラシで汚れた部分を擦ります
 5.2~5の手順を袖にも実施します。
 6.襟と袖を水ですすぎます。

 次に、洗濯機に入れる時の畳み方を説明します。
 これは言葉での説明が面倒なので、画像を用意しました。
 上に「綿100%のシャツで使えます」とか書いておきながら、画像はトゥモローランドのリネン100%のシャツです……。

手順
 1.ボタンを1つ飛ばしで留めます。
1button.jpg
 2.シャツを裏返します。
2uragaesi.jpg
 3.袖のボタンを留めます
3kafusu_buttontome.jpg
 4.袖と身頃を内側に折り返します
4sodeorikaesi.jpg
 5.カフスが下側に来るようにもう1回折ります
5sode.jpg
 6.今度はカフスのみが外側に出るように折ります。
   こうすることによって、汚れが付きやすいカフスを外に出して洗いやすくします
6sode.jpg
 7.もう片方も同じようにするとこんな感じになります。
7ryouhou.jpg
 8.裾から畳んでいくとこうなるので完成です。
8siage.jpg
 この画像の状態でネットに入れます。

 汚れがひどい場合はこの状態で酸素系漂白剤を溶かした水の中に浸け置きしましょう。

 その後、洗濯機のドライモードで洗います。
 こだわる方は最後まで手洗いをするそうですが、僕はそこまで根性ありませんでした……。
 ちなみに洗剤はエマールを使っております。中性のおしゃれ着用洗剤ならなんでもいいと思います。

 洗濯機を回し終わったらすぐに厚みのあるハンガーにかけて陰干ししましょう。
 この時に大きなシワを伸ばしてからかけるとアイロンがけが楽になると思います。

 アイロンがけについてですが、アイロンを選ぶ段階で言えることと言えば、アイロン自体が重いものを選ぶと良いです。
 アイロンの重みでシワが伸びやすくなるそうです。僕はこのアイロン使ってます。


 アイロンをかける順番についてですが
  襟→ヨーク→カフス→袖→後ろ身頃→右身頃→左身頃
 という順番でかけます。
 布が厚い部分からかけて、最後は見える面積が多い左身頃という順番でかけます。
 基本はスチームをONにしてかけますが、しわが取れない部分は霧吹きで湿らせてからドライでかけるようにしてます。

 アイロンをかけ終わったらまたハンガーにかけます。
 僕は毎日着るのでいちいち畳んでしまうことはしませんが、畳んでしまう場合でもアイロンの熱が冷めるまではハンガーにかけたままにしましょう。すぐに畳んでしまうと、着る時に畳んだ時のシワが残ることがあるので。

 自分で丁寧に洗うと着るときも気分がいいですし、服に愛着が湧きます。
 ぜひこの記事を参考にして服を大事にしてください!

category: ファッション

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ukitouchtypist.blog.fc2.com/tb.php/918-e04fc875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。