園田うき公式blog ホーム » スポンサー広告 » ファッション »今よりマシな服装がしたい~発展編

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今よりマシな服装がしたい~発展編  

 

前回の記事の発展編を書きます。


--


服を着る時に気をつけること

  • まず、服の着方です。まぁ普通に着ればいいんですが、いくつか守ったほうが服の寿命が伸びるようなことがあるのでその辺を書きます。
  • 服のポケットに入れていいのはハンカチだけです。ポケットがたくさんあるからといって、スーツの上着やジャケットにやたらめったらものを入れまくるのはやめましょう。スーツというのは職人の人が体にフィットするように仕立てております。ですが、ポケットに物を入れるとそのシルエットを崩すことになります。
    財布はバッグに入れるか、もしくは持ち歩かずに一緒にいる人に全て奢ってもらいましょう。
  • スーツの上着やジャケットもそうですが、ズボンのおしりのポケットに財布やスマートフォンを入れるのもよくないです。入れたものの形にデニムが色落ちしてたりなんかすると最悪です。
  • 僕もあまり守れていないのですが、可能な限りカバンを肩にかけないようにした方がいいです。特に肩パッドが入っていないスーツやジャケットを着ている時にカバンを肩にかけるとすぐに型くずれするようです。
  • 革靴を履いてる場合、歩く時はカカトから着地するように歩きましょう。つま先は交換にかなりお金かかりますがカカトはそんなにかかりません。なのでカカトにダメージを集中させましょう。どちらにせよ靴へかかるダメージを減らすのは難しいので、少しでも安く済むように歩きましょう。


服の手入れについて

  • 細いハンガーは全て捨てるかどうでもいい服をかけるためだけに使って、シャツとジャケットの数だけ厚みのあるハンガーを買いましょう。流石に全て木製のハンガーにしろとまではいいません。
  • 洗濯ははっきり言ってめんどいです。適当に洗っていい服と適当に洗ってはいけない服があるので、洗濯表示通りに選択しましょう。
  • 前回の記事で「シャツを着ましょう」と書いたのでシャツの手入れについて書きますが、シャツはクリーニングに出してはいけません。もしあなたが大富豪で1枚1万超えのシャツだろうが使い捨てても懐が傷まないのであればよいですが、そうじゃない場合は必ず家で洗濯しましょう。
    理由はクリーニング屋のアイロンはプレスが強すぎて生地が縮んだり、厚みのあるボタンであれば割れてしまうことすらあります。高級なシャツであればあるほどそういう傾向にあります。
    洗濯の方法ですが、僕は襟と袖を部分洗いしてからネットに入れてドライモードでシャツだけ洗濯してます。
    洗濯表示に手洗いのマークがある100%麻素材のシャツは手洗いしてます。
    アイロンも自分でかけましょう。僕はシワはなるべく無いほうが好きなので1枚20分くらいかけてアイロンがけしますが、自然なシワくらいならついててもいいかって人は襟とカフスだけかける程度でいいです。
  • スーツについてですが、脱いだら必ずブラッシングをしましょう。理由はスーツが傷む原因のほとんどはスーツに残ったホコリが原因だからです。それを取り除くためにブラッシングが必要です。クリーニングは年1回とかでいいそうです。
  • 革靴についてですが、こちらもブラッシングが大事です。脱いだらブラッシングして布で磨きましょう。いらなくなったTシャツとかでいいです。そういえば前の記事で「今まで着てた服は捨てましょう」って言いましたが、革靴を磨く布にしましょう。それがいい。
    そして、2週間に1回ほどはクリームを塗布して栄養を与えましょう。クリームを塗る前にも必ずブラッシングと磨くのは忘れないようにしてください。
    あとコレも大事なんですが、革靴は1回履いたら2日は履かないほうが良いです。いや、履いてはいけません。
    守ってない人がかなり多いっぽいですが、シューキーパーも必要不可欠です。足にかいた汗による湿気を吸い取ってくれるだけでなく、つま先がピエロの靴のように反り返るのを防いでくれます。
  • スニーカーが汚れたりカカトがすり減ってきたら捨てたほうがいいと思います。有効な復元方法を知っているならそうしてください。


その後の買い物について

  • 前に「白シャツを一週間分と細身のデニム3~5本買え」って言いましたが、その後についてもちょっと触れます。
    まぁ白シャツ+デニムってのは、後から何を追加するにしても大体なんでも合うので気にしなくても良いです。夏の冷房がきついと感じるのなら薄手でVネックのカーディガンを着ればいい感じです。ちょっと寒くなってきたらジャケットを合わてジャケパンにすればカッコイイです。ジャケットの色は黒以外が良いです。明るめのグレーかネイビーあたりでしょうか。
    ジャケットは選ぶのがなかなか難しいので、慎重に選びましょう。粗悪品のジャケットは見る人が見れば0.3秒でわかります。僕はよく見れば分かる程度ですが。

category: ファッション

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ukitouchtypist.blog.fc2.com/tb.php/912-6c138041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。