園田うき公式blog ホーム » スポンサー広告 » ファッション »今よりちょっとはマシな服を着たいけど、どうすればいいかわからないオタクは読んでください。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今よりちょっとはマシな服を着たいけど、どうすればいいかわからないオタクは読んでください。  

 これは絶対外しません!!!!!!!!!!簡単!!!!

 あ、あと上坂すみれの服データベースというのを作ったので見てください。

--


目的

  • 人に不愉快に思われない服装を目指す。「誰が見てもオシャレな人になる」とか「カッコイイ服を着てモテる」ではない。


対象となる人

  • 男性(女性の服に口出しするなんて恐れ多い!)
  • ある程度痩せてる人(太ってたら痩せてください)
  • 美容院に髪を切りに行ってる人(床屋で切ってるのは論外)


心構え

  • オシャレはセンスがある人しかやってはいけないもの というわけじゃない。
  • オシャレに見える人ってのは、殆どの場合は天性のセンスがあるわけじゃなくて、コツコツ服を選ぶ地力を上げてきた人です。
  • 店員が怖いという意見もあると思いますが、店員だって客を邪険に扱うわけにはいきません。なので、普段よりほんの少し「オレは客なんやぞ」という気持ちを強めに持ってもいいと思います。やり過ぎは禁物ですけど、この記事を読みに来るような人はまぁやり過ぎる人はおらんでしょう。
  • 残酷なことを言うかもしれませんが、服装に多少気を使ったところでモテません。


やること

  • 今着てる服以外の持ってる服を全部捨ててから買い物に行きます。
  • 長袖の白い無地の襟付きのシャツを5枚(7枚)買います。同じものでも良いです。必ず買う前に試着をしてください。オーダーメイドでもいいです。
    白ばっかりは嫌とか、毎日同じのを着るのは抵抗があるという方はブルーやストライプを買うのも良いです。
  • 細身で色が濃い目のデニムを3~5枚くらい買います。これも買う前にかならず試着して、裾が長ければ裾上げをしてください。「ベルトで締めるからいいだろ」と言って大きめのサイズを買わないでください。
  • 靴は派手な装飾が無いシンプルな白いスニーカーが良いでしょう。
  • カバンは手に提げるようなものが僕は好きですが、高ければまぁなんでもいいかな。
  • 冬はその上にセーターと適当なコートを着ておけばよいです。「適当なコート」に何を選べばいいかわからなければ、紺かグレーのチェスターコートでも着てればいいです。


ポイント

  • 私服で着るときは第1ボタンのみ開けましょう。裾をズボンに入れるか入れないかは好みで決めてください。僕はいれる方が好みです。入れる場合は股上が浅いズボンを選び、ベルトを締めましょう。
  • オタクはしばしばシャツの下にTシャツ着て前を開けるみたいな着方しますが、アレははっきり言うとかっこ悪いのでやめましょう。
  • 着るときなのですが、絶対に首元から肌着が見えないようにしましょう。肌着を着るのなら深めのVネックが良いです。色は透けにくいベージュがおすすめです。もともとヨーロッパではシャツは肌着として着られていたので、シャツの下に肌着を着るのはおかしいとされております。でも日本は湿度が高いんでまぁ好きにすればいいと思います。僕は透けるのがメチャクチャ嫌だし第二ボタンまで開けたいので着たくないんですが、知らない間に背中に傷が出てて血が出て染みになったのでそれ以来は肌着を着てます。
  • 太字で書きましたけど、絶対長袖です。半袖の襟付きシャツはダメです。
  • シャツは細身で無地。それでいて明らかに「仕事用です」みたいな雰囲気がしないもの。
  • 素材は綿100%が良いです。着終わったらエマールで手洗いしてアイロンかけてください。
  • 夏は長袖だと暑いので麻素材のシャツを買っておくと良いでしょう(半袖を買うとは言っていない
  • 間違っても高校生のカッターシャツみたいな素材感の物を買わないこと。
  • 間違えても派手で変なプリントとかが付いてたりするデニムは買わないようにしてください。
  • 似たような感じの服2着で迷ったら高い方を買いましょう。
  • アクセサリ類はベルトと腕時計以外は買わなくてもいいです。ベルトにしても、間違えても穴が2つ開いてるようなやつを買わないでください。

    • 根拠

      • 白シャツは誰が着てもかっこ悪くは見えにくいし、これから他のものを買っても合わせやすいので選びました。
      • 男性の服装は、横を歩く女性を引き立てるものでもあるので主張し過ぎない方が良い(と僕は思ってる)
      • 最初に買うものは決めておいたほうが良いと思った。
      • 「これだけじゃつまんねぇ」と思ったら自分で調べてください。調べ方がわからなければ周りのかっこいい人に聞きましょう。ああいう人種は教えたがりなんで喜んで教えてくれるでしょう。




       こんな決められた服装をするのはヤダ!!というワガママな人には以下の方法をオススメします。


      手順

      • かっこいい人の服装をたくさん見て「自分が好きな服」が何なのかを見つけます。
      • それを元にそういう服が売ってる店に足を運びます。
      • 有り金全部使います。大体の場合服の品質は値段に比例します。
      • 試行錯誤を繰り返して自分に似合う服と似合わない服を見分けられる地力をつけます。
      • おわり(いや、服買うの飽きるまで終わらない)


      関連記事

      category: ファッション

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ukitouchtypist.blog.fc2.com/tb.php/910-c81cca85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。