園田うき公式blog ホーム » タイピング »バトル&ゲット!ポケモンタイピングDS レビュー

バトル&ゲット!ポケモンタイピングDS レビュー  

  前から持ってた、バトル&ゲット!ポケモンタイピングDSのレビューを書きます。

 僕がタイパーなので、どちらかというとタイパー向けの感想になるかもしれません。

詳細は続きを読むより始まります。

【良い点】
 ・bluetoothキーボードがかなり安価で手に入る。
 ・ミスへの減点が非常に厳しい(1ミスで4分の1まで点数が減ったことも)
 ・色んなローマ字の入力方法に対応している
 ・ホームポジションからタッチタイピングを覚えることができる
 ・プレイ時間や速度や正確性など自分のデータをある程度詳しく知ることができる
 ・ある程度の入力速度さえあれば全部金メダル取れる。正確性とランダム対策できるかが鍵。

【悪い点】
 ・ポケモンの名前を知らないとどうにもならない場面が多い。
 (例:種族名が出てくる前に打たないと絶対間に合わない場面が多数。ポケモンを何年もやってた僕でもド忘れしていることがあるので、ポケモンをやったことないorそこまでやってない人はかなり厳しい。金メダルを取る場合はポケモンの種族名が出る前に打たないと条件に足りない数しか出てこないので尚更)

 ・最高評価である金メダルを取るための条件がタイピングやポケモンの種族名の知識だけでどうにもならない場面が多数ある。
 (例:0番午前零時の館というステージでは、最後に出現するロトムがいずれかの電化製品に入るまで待ってから種族名を打たないといけない。もちろんロトムが出てきた瞬間に即「ロトム」と入力するとそこまで全てノーミスでもアウト。しかもそれをロトムの全フォルム分出すまでやらないといけない。そんなんわかるか!)

 ・一部のステージの金メダル取得が異常に難しい
 (例:無限タブタブロードというステージでは、300体ものポケモンの名前を3ミス以内で打たないといけません。しかも前述のとおり、ポケモンの種族名が出るまでに打たないといけないので、種族名の勘違いなどが許されない上に、途中でシルエットしか写らない場面があるので、ポケモンのシルエットを参考に打鍵しなければならない。更にプラスルとマイナンなど似ているポケモンが多数出現するのでこの条件で3ミスで平均文字数大体4×300の大体1200文字を打鍵するのは至難の業。ただ難しいだけなら良いのだが、タイピングの技術と関係ない場所で難しいのは勘弁)

 ・一部ステージの金メダル評価がわかりづらい
 (例:1番木の実市場というステージでは、木の実を全部取りつつ20体のポケモンをノーミスで入力 という条件で金メダル評価なのだが、僕が先ほどやってみたところ、3回くらいやっても18体か19体しかポケモンが出てこない。もちろん全部ノーミスで入力したし、木の実も全部取りました。これ以上速い入力を求めるのはさすがにおかしい程度には速く打ってる

 ↑ポケモンの種族名が出る前に全部打てばOKでした。このように条件に満たない数のポケモンしか出てこない場合、ポケモンの種族名が出る前に打ち始める必要があるみたいです)

 ・画面内にいる、ターゲットされてないポケモンを入力しようとするとミスになる。その上、ターゲットされてるかどうかが微妙に見づらい場面がある。

 ・ポケモンの種族名とは別に単キーを打つ場面があるのだが、これがポケモンの種族名に同じアルファベットがあれば消えてしまう。
 (例:「ゴウカザル」と打鍵してる横に「G」というキーが出てきた場合、普通に「GOUKAZARU」と打つだけで両方入力が通るのだが、「G」の方しか見てないと、あとからゴウカザルの方を打とうとして「GOUKAZARU」と打つとミスになる。常にこういうところで注意しなければいけないのは少し理不尽)

 ・単キーを打つモードが多すぎる 

 ・普通の単語を打つモードが殆ど無い

 ・NPCの得点が低すぎる

 ・リアフォが使えればもっとスコア出るのに……()

 ・これやるくらいならTODやったほうがいい

【評価】
 総合点数:70点(値段以上の価値はある)
【感想】
 プレイ時間6時間52分での感想です。全部銀メダル取得、半分くらい金メダル取得程度まで。
 本家ポケモンはプレイ時間がカンストする程度にはプレイしましたが、思ったより種族名ってのは覚えてないものですね。対戦を中心にプレイしていたので、最終進化系はほぼわかるのですが、中間進化やベイビィポケモンなどの名前はかなり鬼門でした。それ以外にも「あれ?これどっちだっけ?」みたいな種族がかなりいて、こちらは何時まで経っても慣れませんでした(例:チョロネコとニャルマー、プラスルとマイナン、ポッチャマとミジュマルなど)
 あと、買う前に一番心配だった付属キーボードの打ち心地ですが、思ったより悪くないです。
 僕が普段使ってるRealforceと比べるのはさすがにかわいそうですが、そのへんのキーボードとほぼ同程度かそれ以上だと感じました。
 というよりも、このキーボードの真の価値は他にあります。それはbluetooth接続なので、PS3やスマートフォンにも接続することができます。このキーボードだけで値段相応の価値があります。
 タイピングゲームとしてのみの評価だと50点程度です。今ならAmazonでもかなり安く売っているので、bluetoothキーボードがとりあえず欲しいという人はかなりオススメです。今なら黒2000円、白2880円で新品を購入できます。

category: タイピング

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ukitouchtypist.blog.fc2.com/tb.php/34-e55feaa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

プロフィール

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

▲ Pagetop